Skip to content

グループウェアで手軽にコミュニケーション

1 month ago

1 words

グループウェア(Groupware)というコミュニケーションツールがあります。
これは企業、組織内のコンピューターネットワークを活用し情報共有するためのシステムソフトウェアの事を指すのですが、ここではグループウェアに関する機能を紹介したいと思います。

まず電子メール機能です。

これはグループウェア以外でも使われるもっともポピュラーなコミニュケーションツールと言えますが、電子メールを作成、メッセージを送受信することで連絡を取り合うシステムです。

また相手が読んだのかどうかも表示されます。次にライブラリ機能です。

ドキュメント共有機能とも呼ばれ、情報ファイル、仕様書、画像データなどのさまざまな電子データをメンバー内で共有できるシステムです。

次にスケジュール管理機能です。

ネットワーク上のスケジュール帳に自分の予定を入れておくことで、その日その時何をすべきなのか、何をしていたのか明確に管理することができます。

また個人のスケジュール管理だけではなく、メンバーないでスケジュールを共有することで、その人にこれからどんな予定が入っているのか、何時なら時間が取れそうなのかわかり、業務の効率化を図ることができます。

最後に電子会議ツールです。

オンラインチャットやビデオ会議など様々なツールがありますが、実際に人を会議室に集めることなく会議を開催できるので、スピードが求められる案件でも即時に対応することができます。

グループウェアを使いこなすことでより効率のよい業務展開が可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *