Skip to content

グループウェアを選ぶポイントとは

1 month ago

0 words

グループウェアは様々なサービスがあり、提供する企業が差別化を行うために特徴を作り出しています。

その中の一つに、グループとしての確認が行ない易い様にカスタマイズが容易なサービスがあります。
利用する目的によっては、グループ単位で利用する事ももあり、予めグループを現す特徴として色で決めて置く事にって、どのグループの内容なのか把握し易くなります。
グループウェアを提供するサービスの多くは、フリープランを設けている事がよくありますが、有料のプランについて大きな二つの差があります。

一人は一人参加者が増える事にそれに合わせて課金される場合もありば、人数制限のグループを増やす事に課金されるサービスがあります。

グループとは、グループとはいっしょが、機能全般を全員の社員が共有して利用する事もありば、グループを分けて利用する事もあり、体験のためにフリープランを利用する前確認しておく事が重要です。グループウェアを選ぶ際の指標に利便性と視認性があります。ブログルートップウェアの情報を公開してるサイトです。

利便性と言うのは、便利な機能であり、視認性と言うのは見やすさ、判断しやすさです。

利便性が悪ければ、仕事の効率を高める事が出来ない、視認性が悪ければ情報に混乱などの原因にも繋がってしまいます。

視認性と言うのは、人によって違いが現れて来るため、実際に利用する人の多くの意見を参考にする事も大切です。

グループで利用できる保存容量など選ぶ際の大きな指標の一つになります。

文字によるデータはそれほど多くの容量を必要としないが、映像によるデータは容量が大きくなる可能性があり、テレビ電話の様なシステムを導入する場合はコミュニケーションの内容を保存する場合注意が必要になるなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *